2017年03月15日

自律神経失調症の治し方

自律神経失調症の治し方 仁愛診療所のスタッフです。もちろんDrではありません。

<自律神経失調症の治療>

精神科では、不安などの精神症状と動悸や過呼吸、下痢などの自律神経症状を身体症状として捉え、精神疾患の治療の中に組み込みます。ただ、身体症状は、本人が病気を実感しやすい症状が出るので不安を特に強くしてしまいます。

自律神経失調症を根治させるための近道は、不安やイライラを軽減し、良く眠れるようにすることで、神経に狂いを生じさせないようにすることです。

お薬はパニック障害治療薬=抗うつ剤を用いることが、多く見られます。漢方も有効です。また、自律神経失調症そのものの治療薬もあります。

動悸が治まったと思ったら、今度は手がしびれる、全身発汗など、新たな病気になったと不安になりますが、全身に張り巡らされている神経なので、自律神経の不調を起こしている箇所が変化しただけとも考えられます。

症状が出たときには、内科を受診される方が多いと思います。内科でも治療を行えますが、精神科や心療内科の方が、扱っている患者数から言っても圧倒的に多いと思います。何より、病気の元を治さないといつまでたっても自律神経不調が湧きあがってきてしまうと思います。

ストレスが絡んでいるなと思われたら精神科受診をお勧めします。


早めに医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。

お問い合わせ先 0120-477-029


2017年03月15日

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは 仁愛診療所のスタッフです。もちろんDrではありません。

【自律神経失調症とは】

自律神経失調症は、文字通り自律神経がうまく調整できなくなる病気です。
その自律神経とは、活動時(昼間)に活発になる「活動するための交感神経」と、安静時(夜間)に活発になる「休むための副交感神経」のことです。
自分で意識せずに動かしている体の機能を調節しています。心臓や消化器、呼吸、まばたきや体温調節等もその一部です。
そのバランスが崩れると、全身に張り巡らされている神経なので、あらゆる部分に不調を起こします。

パニック発作は、ある意味で自律神経失調症とも言えます。動悸、過呼吸や寒気、下痢、震えなどの症状が当てはまります。
動悸、過呼吸などは、命の危険すら感じてしまうため、強い不安状態になってしまいます。これがパニック障害です。

自律神経失調症は、ストレスが長く続いた状態で生じることが多いと思います。
第一は抑圧(プレッシャーや恐怖感)
次いで不安やイライラ、不眠等々、挙げたらキリがありません。なので、精神疾患の方は、自律神経失調症も併発されている方が多く見受けられます。
また、更年期障害もホルモンバランスの狂いから生じる自律神経失調症です。


早めに医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。

お問い合わせ先 0120-477-029


2017年03月09日

睡眠薬と睡眠導入剤の違い

睡眠薬と睡眠導入剤の違い 仁愛診療所のスタッフです。もちろんDrではありません。

<睡眠薬と睡眠導入剤の違い>

イメージ的には睡眠薬は強くて、睡眠導入剤の方が弱いと思っている方も見えるかもしれません。
結論から言ってしまえば、今日、医師が処方する薬は、ほとんど睡眠導入剤と言っても間違いではないと思います。それは、明確な基準がないからです。
睡眠導入剤のことを慣習的に睡眠薬と言っているのではないかと推測しています。
また、効果の持続時間で言葉を使い分けている先生も見えます。(ただし、古い薬でバルビツール酸系の薬は、ある意味で睡眠薬と分けて呼べるとも言われています。)

睡眠導入剤のタイプは3つ。
(1)寝付きを良くする短時間型
(2)睡眠を持続させる中時間型
(3)長時間型
(1)は比較的作用の弱いものが多いと思われますが、(2)と(3)は何とも言えません。

新しい薬も出てきていて、一番嫌われている依存性に対処を行っている薬も出てきています。
ただ、そんな専門的な話は宣伝されないため、「癖になる 依存症になる」と思い込んでいる方が圧倒的多数なのも事実。それに対して、「その心配はありません」と言い切れば嘘になるでしょう。

でも、実際は自分勝手に飲まず、医師の指示を守れば大丈夫!

飲み方も止め方もきちんとあることを知ってください。
*市販の睡眠導入剤を長く服用することだけは、絶対避けた方が良い!! 
と付け加えておきますね。


早めに医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。

お問い合わせ先 0120-477-029


2017年03月09日

イマドキの薬

イマドキの薬 仁愛診療所のスタッフです。もちろんDrではありません。

【イマドキの薬】

現在の医学:うつ病の薬は最近では効果が高く、副作用が比較的軽くなってきています。薬品会社も良いものを作れば売れると躍起になって新薬の開発を行っているようです。それは、他の精神病の薬でも同じ傾向です。
更にもう一つ、お高くなっています!

<ご注意>症状が良くなったと勝手に服用を中止すると、悪化や違う症状を招くこともある薬分類であることに違いはありませんので、自己判断は禁物です。

現在、薬は抗うつ薬だけでもざっと20種以上はあります。
抗不安薬も睡眠導入剤も同様です。他に漢方もあります。
それらの組み合わせ、相乗効果まで考えると幾多の治療が可能なんでしょうか?

では、医師は薬効をどのように認識し、位置づけているのでしょうか?

ざっくりと言えば、経験がかなりの比重を締めていると言っても過言はないと思います。
もちろん膨大な知識に基づいた上でですが。
知識入手 → 経験 → 修正 → 経験 → 修正 
を繰り返し、知識を自分の形としながら薬の効き方や効果度合、副作用の出現を常に上書きしていると推測します。だから、経験がないと机上の空論になってしまう。薬品会社は、良いことを前面に押し出して売り込んできます。他の商売と何ら変わりません。
医師は、その情報を具体的にイメージ変換する作業を行っていると思っています。
残念ながら失敗も大きな財産になっているはずです。

次回は、これを踏まえて、医師はどうやって個々の処方を決めているのかをお伝えします。


早めに医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。

お問い合わせ先 0120-477-029


2017年03月04日

うつ病を治すには  スタッフの独り言14 うつ病再発??

仁愛診療所のスタッフです。もちろんDrではありません。

うつ病再発??
<つい先日の話>約5年前、うつ病で通院されていた患者Aさんから突然の電話。「急に調子が出なくなった」「何か焦ってます」診て下さい。
で5年ぶりの診察。
Dr「どうされましたか?」
Aさん「先生、すごく調子良くて、毎日楽しく忙しく生活してました。ボランティア、ヨガ、アルバイトやったり、介護のヘルパーしたりして」
Dr「いつから?何かきっかけがあったの?」
Aさん「ボランティア先でインフルエンザが流行って、急に2週間の施設閉鎖になったら、途端に不安になっちゃって・・・先生、「うつ病」が再発したのかな?それが怖くて」
Dr「聞いたところ、結構忙しくしてたね~」
Aさん「ホント毎日いろいろ行ってるわよ」
Dr「また、張り切りすぎてなかった?頑張りすぎちゃってたところへ、急に予定がキャンセルになったから、気持ちの持って行き場所がなくなっちゃったんだね。張りつめていた気が抜けちゃったんじゃないかな?」
Aさん「5年前と感覚が似ています。」
Dr「また「うつ病」になったんじゃないかと不安が出たんだね。」
Aさん「はい」
Dr「まず、これは再発とは言わないよ!実際、軽いうつ状態ではあるけど、これは以前とは切り離して考えてね。アレはアレ、コレはコレ。」
Aさん「そうですか~再発じゃないんですね。良かった~気が楽になりました。」
Dr「待って待って 甘くみてはいけないよ。うつ状態が続けば、うつ病になるんだから」
Aさん「いや、再発じゃなければいいんです。いつもそれだけが不安だったんです。私はもう「うつ病」から無罪放免になっていますか?」
Dr「そう思います。今回は別件ですよ。どうしますか?」
Aさん「様子見ます。なんか大丈夫のような気がしてきたんで(笑)」

** 再発は怖いです。でも、怯えてばかりいると過敏に反応してしまいます。うつ病は治る病気です。**


早めに医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。
まずはいち早くご相談ください。

お問い合わせ先 0120-477-029


2017年02月07日

セカンドオピニオンを求めても

セカンドオピニオンを求めても 仁愛診療所のスタッフです。もちろんDrではありません。

「自分に対する治療は本当に合っているのか?または薬が合っていないのではないか?」

と多くの方が、疑問を持っているのではないでしょうか。これは、精神科に限ったことではないと思います。治療が長くなる病気は、疑ってしまうタイミングも沢山ありますよね。

ドバッと熱が出ても、熱が下がれば、ああ良かった治ったと自覚できますが、うつ病など精神科の病気は、軽症でなければ、ほとんどが中長期に渡ります。だから治療途中で不信感を持ったり、疑問に思う。 だから他の医者にも意見が聞きたいっ!! 
主治医を信用していない訳ではないけど・・・って言いたくなりますよね。 

当然です!!

心の病気は、見えない患部を治すための画像や明確なデータも乏しい。心理検査も判断材料でしかなく、血液検査のように異常数値が出るわけではありません。

当院ブログの中に「精神科の診断はどう行われている?」があります。読んでみて下さい。
医師は、経過とともに、患者さんのイメージ像を作り上げていきます。限られた時間の中で話を重ね、分かりあえていく部分も少なくありません。
過去の診察で、何をどんな表情でどのように表現したのかがキーポイントなんですが、精神科へセカンドオピニオンで来院した時は、大雑把にその感覚や要素が端折られます。それは、今までの経過を理解しようとしても、再現フィルムでもない限り不可能に近い。

早い話、現状を判断するしかないということなんです。
だから、薬が間違っていないかと聞かれても、どのタイミングでどう訴えられた時に主治医がどう判断した結果なのかは、想像するしかない。想像では良いとも悪いとも軽々しく言えないだろうな と思います。

<結論>
精神科のセカンドオピニオンは「今のあなたの状態から、私ならこういう治療を提案し、こんな薬を処方するでしょう」と言う話になると思われます。
それが、今の主治医と治療や薬が違っても、間違っているという結論には至らず、明らかに診断が違わない限り、求める治療への疑問は解決しない場合が多いと思います。
本当にごめんなさい。

「Drの腕」はまた後日。


* 早めに医師に相談することが大事です。より的確なアドバイスをさせて頂きます。


  お問い合わせ先 0120-477-029


2017年02月01日

精神科の診断はどう行われている?

仁愛診療所のスタッフです。もちろんDrではありません。

「精神科の医師は、どうやって病気の診断をしているのかと思ったことはありませんか?」

Drに話を聞いたり、カルテを見たりしてみると・・・

初診の場合:
当院は、クリニックでは珍しいケースですが、診察の前にスタッフが聞き取りを行います。診察時間には限りがあるので、事前に充分な情報を得るためです。聞き取る内容は、<職業、家族構成、通院歴、通院状況、処方、病歴、家族歴、生育歴、性格、学歴、職歴、家族等の関わり方、仕事上の情報、人間関係、一日のスケジュールなどなど> 約1時間掛かります。その情報を基に医師の診察となります。

診察開始です。
(1) 診察室に患者さんが入って来た段階で、全体像として顔色、身なり、姿勢、挙動(挨拶、歩き方、座る位置、視線)を観察しています。
(2) 何が困っているのかを伺いながら、表情、口調、態度、疎通性を観察しています。
(3) 時系列の確認。患者さんは今現在の症状を切々に話そうとしますが、その前に生活環境などの背景は大事です。
いつから何がどうなってきたか。仕事内容、職場状況、家族のことなどを絡めた人間関係や背景を掘り下げながら、原因、思考、理解力、判断力、受け取り方を探っています。
その上で、今の症状を詳しく確認します。
 *この時点では、病像のイメージは出来ていて、おおよその疑い病名に絞り込んでいる場合が多いです。
(4) その診断基準に合致するかどうかの確認問診が始まります。
 *精神科にも当然、病気診断の明確なガイドラインはあります。
(5) 診断をお伝えします。本人の希望になるべく添う方向で治療方法を相談していきます。指導や注意も合わせて行います。

初診時だけで診断を確定させることが難しいケースや判断に困る場合もあるそうです。
検査が必要なケースは検査後に診断をすることになりますし、精神疾患が混在し、一つだけでない場合も多く見られます。
治療を重ねる経過で、情報の追加や訂正、症状変化、薬の反応状態などから診断を確定したり、追加、変更をしていく時もあります。

うつ病だけでも、病態により様々に区分されていますが、患者さんに伝えるのは「うつ病」とだけになる場合が多いです。

精神科の診察は、言葉のやり取りが多いので、誇張をしない的確な表現が求められます。ただ、医師が判断しているのは、言葉だけではないということです。


早めに医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。
まずはご相談ください。

お問い合わせ先 0120-477-029


2017年01月26日

うつ病を治すには  スタッフの独り言13 友人の接し方

仁愛診療所のスタッフです。もちろんDrではありません。

うつ病の方への友人の接し方

【 診察室でよくある話 】
友人の付き合い方は微妙です。
掛ける言葉がない。何を言ってあげたら良いのかわからない。励まして本当に良いのか と腰が引けてしまいますよね。
タイプは人それぞれなので、正解論はないと思います。その人のレベルで頑張り続けた結果の病気ですから、「ガンバッて」は適していないケースが多いことは事実です。

まず、話を聞いてあげる。これがベストかもしれません。簡単に言うと、そうだね、そうなんだと受け入れることです。こうしたら、ああしたら ってアドバイスはあまりお勧めしません。

苦しんでいる友人は、精神力も体力もありません。気分転換にと誘っても、なかなか動こうとしないでしょう。不安が先に立ち、気の合う友人とでも出掛けたあとは、反動で疲れてしまいます。
本人が行くと簡単に言うならば、どんどん誘ってあげましょう。迷った場合は、無理強いをせず、根気よく接し、日を改めること。人混みは避け、遠出をしないこと、長時間にならないことをお勧めします。


早めに医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。

お問い合わせ先 0120-477-029




2017年01月26日

うつ病を治すには  スタッフの独り言12 家族の接し方

うつ病を治すには  スタッフの独り言12 家族の接し方 仁愛診療所のスタッフです。もちろんDrではありません。

うつ病の方への家族の接し方

【 診察室でよくある話 】
多くの場合、本人にとって楽(苦しいのは変わらないけど、その中でも楽な方という意味です)なのは、本人が求めない限り放っておいてくれること。「傍にいるよ。見守っているよ。」っていうスタンス。見て見ぬふりとは明らかに違います。
もう一つは、「何でも相談して」貴方の味方だよ というスタンスも、良い結果につながることが多いと思われます。

しかし、うつ病は長い闘いになるケースが多く、だらだらとしている様に見えてしまうので、家族に我慢の限界が来ている姿が多く見られます。
人間は先が見えないと脆いものです。負のエネルギーも想像以上に大きいために下手をすれば家族もうつになってしまいそうになります。

勝手に全治2年という考え方なんかはどうですか? 2年入院しなけりゃならないぐらいの病人と付き合う長期戦の心構えを持つ。我慢や気遣いも、良く出来て通常の2~3割UP。

大事なことは、サポートペースを一定にして出来るだけ平常心。
出来ないことは出来ないと言い、ある程度の愚痴や文句も言うぐらいの平常さやウサ晴らしは必要ですよ。

本人が治るためには、家族が暗くならない、壊れないことがすごく大事です。何だかんだと言いながらも本人の安定が増します。


早めに医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。

お問い合わせ先 0120-477-029


2017年01月04日

うつ病を治すには  スタッフの独り言11 うつ病の人の考え方

仁愛診療所のスタッフです。もちろんDrではありません。

【 診察室でよくある話 】

うつ病の方の考え方は、ある意味ワンパターンです。

できない、考えたくない、動きたくない、もうダメ、苦しい、死んじゃいたい・・・
ネガティブな言葉を並べるとドンピシャ。でも誰かがではなく、自分の事を示唆しているところがポイント。

以前に他責的な方は「うつ病」ではなく「適応障害」かもしれませんと話をしましたが、まさにそれ。
ぜ~んぶ自分が悪いと思ってしまうので、自力解決はムリ。サポートが必要なんです。
サポート力は、まず家族、次いで友人、同僚、先輩、最後に医者ですかね。
家族や友人の方が、断然、力を発揮していることが多いと感じています。

医者の診察時間には限りがあり、関わっている時間が短いので、一般論に近いアドバイスになる傾向が、残念ながらあります。

また、現症状を緩和する薬を出すために何が必要かを見極めようとし、診察時間の大半を使い、精神面フォローの時間が少なくなってしまうのが現状です。

次回は家族や友人の付き合い方をお話ししたいと思います。


早めに医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。

お問い合わせ先 0120-477-029




このページのトップへ

Copyright © Iryohoujinkaiseikai Jinai Shinryojo co.ltd.All Rights Reserved.