2019年08月18日

ADHDの特徴 VI 混乱の要因 優先順位の判断が出来ない。

ADHDの特徴 VI 混乱の要因 優先順位の判断が出来ない。 ADHDの人は、優先順位や重要度合いが判断出来ません。
どれも同じに思え、「何が大事で何からやるべきか」がわからないのです。

わからないから目の前のものに手をつけて「違う!」と怒られる。
覚える業務も勉強も、重要度が判別出来ないので1~100まで全部覚えるしかありません。要領良くができないのです。

(1)当然時間が掛かります。
(2)集中が続かないので更に時間を要します。
(3)整理整頓が苦手なので、覚えた資料はどこにある?後から探すのに苦労します。
更に更に時間を要します。「何事も遅い!」と怒られる。

辛いですよね。

【でも、明確な指示があれば、大丈夫!複雑過ぎなければ仕事も作業も出来ます。】


=== 医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。まずはご相談ください。===
ADHDについてはこちら

お問い合わせ先 0120-477-029




カレンダー
«   2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

最新の日記

月別の日記一覧


  • RSS
  • RSSとは



このページのトップへ

Copyright © Iryohoujinkaiseikai Jinai Shinryojo co.ltd.All Rights Reserved.