2018年07月02日

保険証提示は自己責任

保険証提示は自己責任 医療機関への受診に保険証は必需品ですが、==ご注意==

それは、
転職や退職などにより、保険証が変わることがわかっていても、新保険証がまだ手元にないからと旧保険証の提示をされる方が意外と多いのです。「保険料はちゃんと払っているから何処のでもいいだろう」とよく言われます。
その際に一言、保険証が変わりますと申し出されれば色々と対応方法はあります。

=何も申し出がない場合=
そのまま通院が続けば、新保険証を提示された時に、医療機関が修正手続きを取ります・・・患者様は注意を受け、嫌な思いをすることにはなりますが、それで済みます。

問題は、その後の通院がなかった場合です。
旧保険証を発行していた「保険者」は、医療機関側に資格該当者なし という通知を送ってきます。
それを受取った医療機関は、==保険請求が本人に回る手続きをします==そうなると、ずっと継続して保険料を支払っていた場合でも、誤った保険証を提示した期間は保険診療と認められず、保険がない方と同じ全額負担の請求書が届いてしまいます。

個人責任の問題なので、修正は困難です。

【皆さんご注意をお願い致します。】


お問い合わせ先 0120-477-029


2017年07月10日

健康保険を使うと精神科に通院していることが会社にバレてしまうのではないか?

健康保険を使うと精神科に通院していることが会社にバレてしまうのではないか? <精神科の通院は知られたくない>

患者さんから、精神科へ通院するのに健康保険を使っても大丈夫だろうか?と良く聞かれます。
会社が調べることで、自分に取って不利に働くのではないかと心配だからと言われます。

個人情報取扱いに厳しいご時世ですが、難しい問題です。
断定はできませんが、**会社健康保険組合 以外は、まずわからないと思います。
**会社というのは、その企業が保険審査を取り扱っていますので、調べようと思えば、レセプトから病名や治療歴はわかると思います。
ただし、診察内容や詳細まではわからない。これは断言できます。
でも保険組合を持つような大企業は組合もしっかりしていますよね。病気で不当扱いを受けたなら大問題でしょう。
付け加えて、社労士さんは違法だと言っています(ネットで調べました)

また、照会が来るとしたら、それは医療機関側の不当請求を調べるためであり、患者個人の問題を見つけるためではありません。
当院では、前述の事全てにおいて、本人の知らないところで照会が来たことは一回もありません。
仁愛診療所は〇〇メンタルクリニックではないので、精神科とはわかりにくいかも・・・です。


早めに医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。

お問い合わせ先 0120-477-029




このページのトップへ

Copyright © Iryohoujinkaiseikai Jinai Shinryojo co.ltd.All Rights Reserved.