2019年07月30日

自律神経失調症と漢方薬治療 III ずっと漢方の勉強を続けている先生に聞きました!

自律神経失調症と漢方薬治療 III ずっと漢方の勉強を続けている先生に聞きました! <当院で漢方治療も積極的に行い、ずっと漢方の勉強を続けている医師に聞きました>

自律神経失調症に対して漢方治療は、相性が良いかもしれません。
際立ってという訳ではないので、誤解なさらないで下さい。

漢方薬での治療には、修練とテクニックが必要です。
ご存知のように奥が深い医療です。

2~20種類の生薬の配合で作られている漢方を処方する場合、医師は、薬との相性をとても大切にしています。
匂いと味「味証」と言います。

漢方が苦くなく飲みやすく感じる時は、体が必要と欲している場合なので、効果は早く得られることが多い。

相性が悪いと飲みにくく、続けられなくなってしまうので、薬を変えることになります。

「良薬、口に苦し」ではないようです。


=== 医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。まずはご相談ください。===
自律神経失調症についてはこちら
うつ病についてはこちら

お問い合わせ先 0120-477-029


2019年06月10日

自律神経失調症と漢方薬治療 II 漢方の勉強を続けている先生に聞きました!

自律神経失調症と漢方薬治療 II 漢方の勉強を続けている先生に聞きました! <当院で漢方を処方し、ずっと漢方の勉強を続けている医師に聞きました>

様々な科で漢方は用いられています。一般の医師でも漢方薬の処方を行いますが、専門的になると脈診、舌診、腹診を行い、問診と組み合わせて判断していきます。

東洋医学では、「陰」と「陽」のバランスが整っている状態が健康.
崩れると病気 という考えが基本です。<気・血・水>などの流れから体のどの部分のバランスが崩れているかを診ていく技術が必要とされる分野です。

自律神経失調症においても、個々の体の状態に合わせて用いられますので、同じ自律神経失調症の診断でも、人によって用いられる漢方薬が違ってくるのが漢方のキモです。


=== 医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。まずはご相談ください。===
自律神経失調症についてはこちら
うつ病についてはこちら

お問い合わせ先 0120-477-029


2019年05月16日

自律神経失調症と漢方薬治療 I ずっと漢方の勉強を続けている先生に聞きました!

自律神経失調症と漢方薬治療 I ずっと漢方の勉強を続けている先生に聞きました! <当院で漢方治療を積極的に行い、ずっと漢方の勉強を続けている医師に聞きました>

自律神経失調症に対して漢方治療は、相性が良いかもしれません。
際立ってという訳ではないので、誤解なさらないで下さい。

漢方治療の根源は『証(しょう)』の見極めです。
東洋医学的な所見として診断の根拠となるものです。

起こっている症状に対して治療を行う事を「随症治療」と言いますが、ざっくりと言うと漢方薬は、様々なバランスを整えるという目的です。
自律神経失調症も神経バランスの乱れによる症状ですので、相性は悪くないということです。
ただし、原因がストレスであっても体質であっても、同じ漢方薬が出ることになります。

その他、西洋医学でうまくいかない時に試されると、治療効果を得られることがよくあります。


=== 医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。まずはご相談ください。===
自律神経失調症についてはこちら
うつ病についてはこちら

お問い合わせ先 0120-477-029


2018年10月22日

自律神経失調症とうつ病の違い IV

自律神経失調症とうつ病の違い IV 自律神経失調症とうつ病の違い

自律神経失調症は交感神経やホルモンバランス不調なので、比較的に女性の比率が高い病気です。
うつ病はというと脳内の神経伝達物質の病気なので、
症状は似ていても根本的に違います。

自律神経失調症は、不規則生活やダイエットなどの偏った食事などからでも発症してしまいます。カフェインやタバコも要因になったりします。
これらは、うつ病の原因としてはほとんど見られません。

両方にも大きく関わりますが、性格において特に自律神経失調症になりやすいのは、「心配性」「内気」「完ぺき主義」「負けず嫌い」
この方は要注意です。
常日頃からリラックスをしにくい方々だからです。

ストレスは万病の元。間違いありません。


=== 医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。まずはご相談ください。===
自律神経失調症についてはこちら
うつ病についてはこちら

お問い合わせ先 0120-477-029


2018年09月21日

自律神経失調症は何科で?

自律神経失調症は何科で? 自律神経失調症は何科で診てもらったほうが良いのでしょうか?
お問合せを良くいただきます。

自律神経失調症の治療に主に関わってくる科は、内科、耳鼻科、精神科、心療内科、産婦人科などです。
下痢や腹痛などが起これば、内科や胃腸科、めまいは耳鼻科でしょうか。
まずは、症状に応じた科へ行かれるのが正解です。大きな病気が隠れていると大変です。その上で担当医に原因を尋ね、==自律神経失調と言われた場合==
まず、女性の方は、ホルモンバランスの観点から産婦人科もお勧めしますし、内科でも治療を行えます。
ストレス因での発症率が高いため、扱っている患者数から言えば、精神科や心療内科の方が、圧倒的に多いのも事実です。大きな病気を打ち消した上で、『ストレス』が原因だなと思われたら精神科の受診をお勧めします。

仁愛診療所のブログには他にも自律神経失調症に関連する記事もあります。ご参考になるかもしれません。


=== 医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。まずはご相談ください。===
自律神経失調症についてはこちら

お問い合わせ先 0120-477-029


2018年09月08日

自律神経失調症とうつ病の違い III

自律神経失調症とうつ病の違い III 自律神経失調症は、全身に張り巡らされている自律神経のバランス機能が崩れてしまう状態なので、個人個人によって不調症状は違った出現の仕方をします。

実際によくある症状で比べてみると
【うつ病と重なる症状】
イライラ、眠れない、頭痛、体の違和感や痛み、下痢、食欲不振、疲労感 等

【うつ病とあまり合致していない症状】
めまい、耳鳴り、痺れ、動悸、冷感、ほてり、過呼吸 等

実際はうつ病と診断されている方で、あまり合致していない症状も出ている方は、自律神経失調症の併発が考えられます。それ程密接な関係がある病気でもあります。


=== 医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。まずはご相談ください。===
自律神経失調症についてはこちら
うつ病についてはこちら

お問い合わせ先 0120-477-029


2018年05月03日

自律神経失調症とうつ病の違い II

自律神経失調症とうつ病の違い II このブログを読まれている方の中には、職場などに提出した診断書病名が「自律神経失調症」になっている方が見えるのではないでしょうか。

それに伴って、自分の本当の病気は???という方もお見えになるのでは? と推察します。

診断書は絶対に「嘘」は書けません。
ですが、うつ病と自律神経失調症を併発しているとしたら、診断書に自律神経失調症と記載しても「嘘」ではありません。

==当院では、会社に提出する診断書などにおいて、休職になっても、患者さんの職場での立場や復帰時の事を考慮しながら、かつ、事実を捻じ曲げてない場合は「自律神経失調症」と作成することもありました。==

では、診断書を出していない場合に主治医から自律神経失調症と聞いていた方は?
・本当に自律神経失調症であった場合。
・主病の診断に時間が掛かった場合。(初診時に診断を決められない場合はあります)
・本人に余裕がなく、主病名を伝えることで、病状を著しく悪化させてしまうと判断した場合。
などが考えられます。


=== 医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。まずはご相談ください。===
自律神経失調症についてはこちら
うつ病についてはこちら

お問い合わせ先 0120-477-029


2018年04月10日

自律神経失調症とうつ病の違い

自律神経失調症とうつ病の違い 自律神経失調症とうつ病は切っても切れない縁があります。

自律神経失調症の単独発症はあり得ますが、うつ病を発症するほどのストレス過多の状態は、不眠から睡眠不足になることが多く、自律神経の働きを狂わせます。結果として自律神経失調症を併発する可能性が高いからです。

自律神経失調症が続くとうつ病になりやすいとも言えます。


=== 医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。まずはご相談ください。===
自律神経失調症についてはこちら
うつ病についてはこちら

お問い合わせ先 0120-477-029


2017年03月15日

自律神経失調症の治し方

自律神経失調症の治し方 仁愛診療所のスタッフです。もちろんDrではありません。

<自律神経失調症の治療>

精神科では、不安などの精神症状と動悸や過呼吸、下痢などの自律神経症状を身体症状として捉え、精神疾患の治療の中に組み込みます。ただ、身体症状は、本人が病気を実感しやすい症状が出るので不安を特に強くしてしまいます。

自律神経失調症を根治させるための近道は、不安やイライラを軽減し、良く眠れるようにすることで、神経に狂いを生じさせないようにすることです。

お薬はパニック障害治療薬=抗うつ剤を用いることが、多く見られます。漢方も有効です。また、自律神経失調症そのものの治療薬もあります。

動悸が治まったと思ったら、今度は手がしびれる、全身発汗など、新たな病気になったと不安になりますが、全身に張り巡らされている神経なので、自律神経の不調を起こしている箇所が変化しただけとも考えられます。

症状が出たときには、内科を受診される方が多いと思います。内科でも治療を行えますが、精神科や心療内科の方が、扱っている患者数から言っても圧倒的に多いと思います。何より、病気の元を治さないといつまでたっても自律神経不調が湧きあがってきてしまうと思います。

ストレスが絡んでいるなと思われたら精神科受診をお勧めします。


早めに医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。
自律神経失調症についてはこちら

お問い合わせ先 0120-477-029


2017年03月15日

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは 仁愛診療所のスタッフです。もちろんDrではありません。

【自律神経失調症とは】

自律神経失調症は、文字通り自律神経がうまく調整できなくなる病気です。
その自律神経とは、活動時(昼間)に活発になる「活動するための交感神経」と、安静時(夜間)に活発になる「休むための副交感神経」のことです。
自分で意識せずに動かしている体の機能を調節しています。心臓や消化器、呼吸、まばたきや体温調節等もその一部です。
そのバランスが崩れると、全身に張り巡らされている神経なので、あらゆる部分に不調を起こします。

パニック発作は、ある意味で自律神経失調症とも言えます。動悸、過呼吸や寒気、下痢、震えなどの症状が当てはまります。
動悸、過呼吸などは、命の危険すら感じてしまうため、強い不安状態になってしまいます。これがパニック障害です。

自律神経失調症は、ストレスが長く続いた状態で生じることが多いと思います。
第一は抑圧(プレッシャーや恐怖感)
次いで不安やイライラ、不眠等々、挙げたらキリがありません。なので、精神疾患の方は、自律神経失調症も併発されている方が多く見受けられます。
また、更年期障害もホルモンバランスの狂いから生じる自律神経失調症です。


早めに医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。
自律神経失調症についてはこちら

お問い合わせ先 0120-477-029




カレンダー
«   2019年08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

最新の日記

月別の日記一覧


  • RSS
  • RSSとは



このページのトップへ

Copyright © Iryohoujinkaiseikai Jinai Shinryojo co.ltd.All Rights Reserved.