2018年10月22日

自律神経失調症とうつ病の違い IV

自律神経失調症とうつ病の違い IV 自律神経失調症とうつ病の違い

自律神経失調症は交感神経やホルモンバランス不調なので、比較的に女性の比率が高い病気です。
うつ病はというと脳内の神経伝達物質の病気なので、
症状は似ていても根本的に違います。

自律神経失調症は、不規則生活やダイエットなどの偏った食事などからでも発症してしまいます。カフェインやタバコも要因になったりします。
これらは、うつ病の原因としてはほとんど見られません。

両方にも大きく関わりますが、性格において特に自律神経失調症になりやすいのは、「心配性」「内気」「完ぺき主義」「負けず嫌い」
この方は要注意です。
常日頃からリラックスをしにくい方々だからです。

ストレスは万病の元。間違いありません。


=== 医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。まずはご相談ください。===
自律神経失調症についてはこちら
うつ病についてはこちら

お問い合わせ先 0120-477-029




カレンダー
«   2019年04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリ

最新の日記

月別の日記一覧


  • RSS
  • RSSとは



このページのトップへ

Copyright © Iryohoujinkaiseikai Jinai Shinryojo co.ltd.All Rights Reserved.