2017年01月26日

うつ病を治すには  スタッフの独り言12 家族の接し方

うつ病を治すには  スタッフの独り言12 家族の接し方 仁愛診療所のスタッフです。もちろんDrではありません。

うつ病の方への家族の接し方

【 診察室でよくある話 】
多くの場合、本人にとって楽(苦しいのは変わらないけど、その中でも楽な方という意味です)なのは、本人が求めない限り放っておいてくれること。「傍にいるよ。見守っているよ。」っていうスタンス。見て見ぬふりとは明らかに違います。
もう一つは、「何でも相談して」貴方の味方だよ というスタンスも、良い結果につながることが多いと思われます。

しかし、うつ病は長い闘いになるケースが多く、だらだらとしている様に見えてしまうので、家族に我慢の限界が来ている姿が多く見られます。
人間は先が見えないと脆いものです。負のエネルギーも想像以上に大きいために下手をすれば家族もうつになってしまいそうになります。

勝手に全治2年という考え方なんかはどうですか? 2年入院しなけりゃならないぐらいの病人と付き合う長期戦の心構えを持つ。我慢や気遣いも、良く出来て通常の2~3割UP。

大事なことは、サポートペースを一定にして出来るだけ平常心。
出来ないことは出来ないと言い、ある程度の愚痴や文句も言うぐらいの平常さやウサ晴らしは必要ですよ。

本人が治るためには、家族が暗くならない、壊れないことがすごく大事です。何だかんだと言いながらも本人の安定が増します。


早めに医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。
うつ病についてはこちら

お問い合わせ先 0120-477-029




カレンダー
«   2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

最新の日記

月別の日記一覧


  • RSS
  • RSSとは



このページのトップへ

Copyright © Iryohoujinkaiseikai Jinai Shinryojo co.ltd.All Rights Reserved.