2018年03月16日

ADHDの特徴 III  話が理解できない、途中からわからなくなる

ADHDの特徴 III  話が理解できない、途中からわからなくなる ADHDの方の悩みは、相手の言っていることが途中からわからなくなってしまう。

複雑な話は混乱が生じます。

ADHDの方は、複数の入り混じった話題は苦手です。AからBに話が切り替わっても気付けず、Aの話のままBを理解しようとしてしまうので途中から何の話???になってしまいます。
また、話題の変化に気付けてもパッパッと頭が切り替えれず、焦っている間に話がどんどん進んでいってしまいます。
「とりあえず、この話は置いといて~」 が苦手なんです。

これまでの痛い経験から、愚直なまでにストレートに話を理解しようとしているので、例え話が入ったりすると???。
「簡潔な話なら理解できます」と患者さんはよく言われます。

混乱しても、毎回、毎回、聞き直すのは勇気がいります。忙しい相手にも悪いと思ってしまう。

わからないのに聞けず、わからないままやっても、結果は出ない。怒られる。
つらいですよね。


=== 医師に相談していただくことにより、より的確なアドバイスをさせて頂きます。まずはご相談ください。===
ADHDについてはこちら

お問い合わせ先 0120-477-029




カレンダー
«   2019年03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

最新の日記

月別の日記一覧


  • RSS
  • RSSとは



このページのトップへ

Copyright © Iryohoujinkaiseikai Jinai Shinryojo co.ltd.All Rights Reserved.